2020年の東京オリンピックの聖火ランナーに吉岡里帆さんが!選出理由を調査してみました!

芸能人
Pocket

吉岡里帆さんが「綾鷹」ブランドアンバサダーとして東京2020オリンピック聖火リレーで走る聖火ランナーに決定しました。

今回は吉岡里帆さんが、オリンピック聖火ランナーに選出されたことについてのネット上での賛否両論、そして吉岡さんと同様に聖火ランナーに選出されたあの俳優はなぜ歓迎ムードなのかを探っていきたいと思います。

吉岡里帆さんの意気込みが感じられるコメント

吉岡さんは

「人生で1度しかない経験なので、本当にうれしく思っております。この機会を通して『綾鷹』を始めとする、日本のお茶のおもてなし文化について、その魅力を発信していけたらいいなと思っております」

とコメントしています。

他にもコカコーラからは、元AKB48の高橋みなみさん、女優の綾瀬はるかさん、俳優の菅田将暉さん、志尊淳さんらも含めて全国でお茶の生産者から16人が輩出されています。

先日の長崎でも、すでに聖火ランナー第一走者として石原さとみさんが走って話題になっていますね。
インスタやツイッターでもその様子がアップされていました。

次章では、吉岡里帆さんの聖火ランナー選出に寄せられたSNSのコメントなどを見ていきたいと思います。

なぜ吉岡里帆さんが東京五輪の聖火ランナーに?気になる選出理由とは

吉岡里帆さんが今回聖火ランナーに大抜擢されたことで批判が集まっています。
実は吉岡里帆さん、女性からかなり嫌われるタイプの女性なようです。

原因はその「あざとさ」でした。

よくいえば「可愛い」、悪くいえば「あざとい、わかっててやっている」と捉えられるようですね。
男性からは可愛く見えていても、同性から嫌われる女子の典型的なタイプの様ですね。

それは同性による「嫉妬」の一言では片付けられないほど。

そのためアンチからは、「見えない力が働いている」など、芸能界のゴリ押しなどの疑う声が目立っています。

いくら男性からの評価が高くても、同性からのバッシングが特に多いなと感じました。

吉岡里帆さんに関する声とは裏腹に、山田孝之さんの聖火ランナー出場について多数のポジティブな意見が!

そんな吉岡里帆さんの聖火ランナーについて賛否両論ある反面、ある俳優には肯定的な意見が殺到している様です。
その人物とは、俳優の山田孝之さんです。

山田さんは『まさか、私みたいなものが神聖な聖火を持ち、走る日がくるとは!』とコメントし、大喜びしていました。

山田さんといえば、映画「全裸監督」で話題になったのが記憶に新しいですね。
それもあってか男女共に人気ですし、そのためネット上でも『“全裸監督”(山田出演のドラマ)が走るのか』という声もあり、山田さんのコミカルで面白いキャラクターが万人に愛されているのがわかる内容でした。

さいごに

今回の吉岡里帆さんの聖火ランナー選出には、男性からは歓喜の声は多く目立ちましたが、同性からの意見はかなり批判的な内容ばかり見つかってしまいました。

一方で、吉岡里帆さん同様に聖火ランナーに選出された山田孝之さんは、『全裸監督』の影響や自身のコミカルな性格もあり、多くのファンがこの選出に喜びのコメントを寄せていました。

吉岡さんは批判の声もありますが真面目な性格だとよくメディアで紹介されているので、しっかり聖火ランナーの役目を果たしてくれるのではないでしょうか。

吉岡里帆:プロフィール

生年月日:1993年1月15日

出身:京都府

身長:158cm

スリーサイズ:B82cm/W60cm/H85cm

血液型:B型

デビュー:2013年

所属事務所:エーチームグループ